基本的な知識から

病気が怖く感じるのは、病気について知らないことが理由としてあげられます。特に、がんについてはそのような理由が大きいでしょう。恐ろしい病気だというイメージが先行してしまっているのです。まずは、直腸がんについて詳しく調べてみましょう。治療を施した患者の口コミも見ることができます。

治療できる病気

診察

がんの治療方法

直腸がんの治療方法についてのページです。どのような治療方法があるのか調べておきましょう。万が一、がんになっても冷静に対処できるようになります。

READ MORE

[PR]

直腸がんを解消したいなら必見!
身体への負担が少ないから治療が苦しくない!

がんについて

白衣の人

身近な病気

がんはとても身近な病気です。がんになる確率でいうと男性で60パーセント程、女性で50パーセント程にもなります。ですが、しっかりと意識しておけば予防することが可能です。食生活や生活習慣の見直しを行ない、健康的な生活を意識することでがんのリスクを減らすことができます。ただ、確実に防ぐことはできないのです。何らかの要因で遺伝子に傷が付くと、細胞が異常をきたしてしまいます。異常をきたしている細胞が増えることを「がん化」というのです。このがん化した細胞は固まりになっていきます。腫瘍として、目視できるようになるでしょう。腫瘍となってしまったがんは、血液やリンパの流れに乗って全身に転移していきます。そうならないために、この腫瘍を早期発見することで効果的な治療を施すことができるでしょう。定期的に検査を行なうのがベストなのです。定期的な検査をすることで、早期発見をすることが可能となります。

大腸がんとは

盲腸や結腸、直腸や肛門に発生するがんのことを、大腸がんと呼びます。直腸がんという病気を聞いたことがある方は多いと思われますが、これも大腸がんの一種です。直腸は大腸のなかでもがんができやすい部分とされています。がんの発生は2つのタイプがあり、まず1つ目のタイプが直接正常な粘膜から発生するがんです。二つ目のタイプは良性ポリープががん化することで発生します。基本的に最初は粘膜の表面に発生するでしょう。次第に腸壁に侵入し、血液やリンパを通じて転移していくのです。主な症状としては、血便や下痢、便秘を繰り返します。便が残るように感じ、便も細くなるでしょう。その他、腹痛や体重減少、貧血などが挙げられます。大腸がんで特に多い症状である血便が出た場合は、速やかに専門の医療機関を受診しましょう。大腸がんの場合は胃腸科や消化器科、肛門科などを受診するようにします。

治療を受けた方の口コミ

早めに検査して良かった【40代会社員】

血便が出るようになってから、おかしいとは思ってました。胃腸科などを受診することにしたのが早期発見のきっかけです。直腸がんと宣告された時は、さすがにショックでしたけどね。結果的に早めに治療することができて、今では元気に生活することができています。これからも、おかしいと思ったらすぐに病院に行くようにしたいですね。

内視鏡検査で発見【50代自営業】

人間ドックで、大腸がんの疑いがあると言われたので、慌てて検査してきました。専門の内科で内視鏡検査をしてもらうことにしたのです。そこで、直腸がんを発見することができましたね。早めに見つかって良かったです。発見してからすぐに手術を受けました。再発もしていないので、安心してます。これで、定期検診の大切さが分かりましたよ。

抗がん剤で予防【30代主婦】

大腸がんの手術が終わってから、転移を防ぐために抗がん剤による治療をしています。転移を防ぐための治療なので、大切な治療ですよね。基本的に副作用が出ますけど、今では大分落ち着いてきました。定期的に検査してますけど、今のところ転移はしていないみたいです。抗がん剤って効果あるんだなと実感していますね。

免疫療法で【40代会社員】

最初はがんの治療方法の中に、免疫療法があるとは知らなかったんですよね。でも、医師のすすめもあったので、免疫療法で治療することを決めました。医師から言われていた通り、副作用もないので負担も少なくて良かったです。今のところ、転移している様子もないですね。最初は不安でしたけど、効果を実感できて満足です。

放射線治療で治した【50代公務員】

早期発見ができたので、放射線治療を受けることにしました。体に傷をつけることを避けられたのは良かったですね。手術よりは安心して治療を受けることができましたよ。早めに発見できて良かったです。今は、免疫療法で再発を予防している所ですね。がんは再発しやすいって聞いているので、根気よく治療を続けていきます。

広告募集中